正義の話

正義は成り立つのか 私はここのブログ以外にも、毎月ビジネス・実用書の書評を企業のサイト*1に書いています。今回はマイケル・サンデルの『これからの「正義」の話をしよう』という本を取り上げました。この本は「政治哲学」という分 … 続きを読む 正義の話

信念を持つのが怖い

こんな時代に信念を持って生きるのは自分から進んで困難に向かっていくようなものですね。 お笑いの世界に浸って面白おかしく笑って生きていれば、偉い人たちがいいように導いてくれて、真面目にコツコツやっていれば特に大きな問題もな … 続きを読む 信念を持つのが怖い

相対性理論と弁証法

相対性理論と弁証法

二項対立 昔読んだ本にこんなシーンがありました。ざっとこんな内容でした。 あなたは宇宙空間に浮かんでいます。すると向こうから別の人が向かってきました。この宇宙空間には座標となる地点が見つかりませんので、あなたは自分が相手 … 続きを読む 相対性理論と弁証法

「私」は「〜された」のか?

真理

わたしはモラハラされたのでしょうか。 「これ以上誰にもモラハラさせない」と決めてから全てが変わったことを考えると、モラハラさんの問題だけでなく、それを許していたわたしの問題でもあったんだなぁと感じることが増えてきました。 … 続きを読む 「私」は「〜された」のか?

自分で考える習慣

少女とロボット

自分で考えるとは 自分で考えるとはどういうことを言っているのでしょうか。 逆を考えてみましょう。 自分で考えないというのは、 人のいうことをうのみにする 人に決めてもらう 成り行きに任せる 周りに合わせる ということでし … 続きを読む 自分で考える習慣

壮大な問題に取り組む(後編)

壮大な問題に取り組むの後編です。前編はこちらにあります。 中編はこちらにあります。 差別問題に取り組む2 アイデンティティーと差別 わたしはここに、アイデンティティー(自分とは何者か)の副産物としての差別が生まれるのでは … 続きを読む 壮大な問題に取り組む(後編)

壮大な問題に取り組む(中編)

壮大な問題に取り組むの中編です。前編はこちらにあります。 差別問題に取り組む1 環境問題は結果がすぐに出ない上、スライドパズルのようにこちらを立てるとこちらが立たないといったような手強い問題でしたが、差別もなかなか手強い … 続きを読む 壮大な問題に取り組む(中編)

壮大な問題に取り組む(前編)

この活動のきっかけ 私には尊敬している、考え方を参考にさせてもらっている方がいます。心理学をもとにしたセルフマネジメント術などを伝授したり、企業や自治体で合意形成のファシリテーターを務めたりしている枝廣淳子さんという方で … 続きを読む 壮大な問題に取り組む(前編)

ダイバーシティとインクルーシブで起きる矛盾

この活動の原点は、私が9歳前後でアンネフランクに出会ったこと、壷井栄の『二十四の瞳』に出会ったことにあります。 私の中に湧いた大きな疑問です。 なぜ人は差別するのか? なぜ殺し合うのか? なぜ人は愛し合うのか? 人を殺す … 続きを読む ダイバーシティとインクルーシブで起きる矛盾