自分で考える習慣

少女とロボット

自分で考えるとは 自分で考えるとはどういうことを言っているのでしょうか。 逆を考えてみましょう。 自分で考えないというのは、 人のいうことをうのみにする 人に決めてもらう 成り行きに任せる 周りに合わせる ということでし … 続きを読む 自分で考える習慣

壮大な問題に取り組む(後編)

壮大な問題に取り組むの後編です。前編はこちらにあります。 中編はこちらにあります。 差別問題に取り組む2 アイデンティティーと差別 わたしはここに、アイデンティティー(自分とは何者か)の副産物としての差別が生まれるのでは … 続きを読む 壮大な問題に取り組む(後編)

壮大な問題に取り組む(中編)

壮大な問題に取り組むの中編です。前編はこちらにあります。 差別問題に取り組む1 環境問題は結果がすぐに出ない上、スライドパズルのようにこちらを立てるとこちらが立たないといったような手強い問題でしたが、差別もなかなか手強い … 続きを読む 壮大な問題に取り組む(中編)

壮大な問題に取り組む(前編)

この活動のきっかけ 私には尊敬している、考え方を参考にさせてもらっている方がいます。心理学をもとにしたセルフマネジメント術などを伝授したり、企業や自治体で合意形成のファシリテーターを務めたりしている枝廣淳子さんという方で … 続きを読む 壮大な問題に取り組む(前編)

ダイバーシティとインクルーシブで起きる矛盾

この活動の原点は、私が9歳前後でアンネフランクに出会ったこと、壷井栄の『二十四の瞳』に出会ったことにあります。 私の中に湧いた大きな疑問です。 なぜ人は差別するのか? なぜ殺し合うのか? なぜ人は愛し合うのか? 人を殺す … 続きを読む ダイバーシティとインクルーシブで起きる矛盾

わかり合えないという問題

私は第二次世界大戦の戦災状況について調べて書く仕事をしています。 それをやっていて思うのは、争いも差別もなくなることがないのだろう、ということです。 悲観的になっているわけではありません。 私は、人間の本質として、戦争や … 続きを読む わかり合えないという問題

バックラッシュにもいい面がある

バックラッシュ バックラッシュとは、反動のことです。 大きな変化の流れには反動がつきものです。 エネルギーはいつもバランスを取ろうとしています。 大きな変化を遂げると、大抵の場合はどこかにひずみができるのか、必ずバックラ … 続きを読む バックラッシュにもいい面がある

万物の二面性~長所は短所、短所は長所

自分のいいところは悪いところになる 私は長年自分が率直であることをいいこととしていました。 35歳くらいを境に、自分の生き方を問い直しました。 その一つとして、率直であることが必ずしもいいとは限らないという仮説を出しまし … 続きを読む 万物の二面性~長所は短所、短所は長所

アプリPom Squad後 〜共依存傾向を逆手に取る〜

共依存は果たして悪いものか? WE GiRLs CANの活動の一つ、モラハラの共依存関係脱出アプリは共依存関係を脱出するためのアプリです。 これは、共依存傾向を否定しているものではありません。 共依存になりやすいというこ … 続きを読む アプリPom Squad後 〜共依存傾向を逆手に取る〜