「Pom Squad」モラハラの共依存関係脱出アプリのご紹介

WE GiRLs CANが企画立案し、True Color Createが開発を進めていたモラハラを受けてる女性のための共依存関係脱出アプリ「Pom Squad」が2017年11月23日にApple Storeから発売されました。

機能のご紹介

  • アファメーション・コーチング機能[ホーム]
    ホームに実際にモラハラの共依存関係から脱出した経験を持つWE GiRLs CANの代表:鶴見がひとつずつ心を込めて書いた、アファメーション・コーチングの言葉が表示されます。ホームボタンをタップすることで新しい言葉を表示できます。
  • アファメーション・コーチング機能[通知]
    電波が届かない場所にいても、Wi-Fiがなくても1時間おきに「あなたにふさわしいのは優しくて思慮深くて約束を守ってくれる人。だってあなたがそうなんだから」というメッセージ通知が届きます。
    モラハラする相手と離れたい/離れたばかり/離れたのに寂しくて辛い人にモラハラする相手から脱出する勇気を持ってもらうための仕組みです。
  • SNS機能
    モラハラから脱出するために大事なのは、書き残すこと/共感してもらうこと/一人ではないことを確認すること/気持ちを吐き出すこと、です。モラハラの言葉の暴力や態度の暴力は証拠が残らない暴力です。そして、ショック状態のときにその暴力を正当化されると本当のことがわからなくなります。書いてください。ほかにも同じような体験をしている人たちの書き込みを読むことで安心してください。

    登録した後、承認されたユーザーのみが参加できるようになっています。外部の人が見ることはできませんので、安心して書き込んでください。
    また、毎回ログインするようになっているので、万が一モラハラ加害者がスマホを見てもパスワードがわからなければ盗み見ることはできません。
  • 情報収集機能
    WE GiRLs CANの代表鶴見が実体験や役に立つワークショップ、頼りになる団体、モラハラやDVに関する書籍、YouTubeビデオなどを記事にして更新していきます。感情面だけでなく、知識や理屈でも納得していくことが脱出には欠かせません。

このアプリの開発は、Readyforを通じて支援をいただいた方々のご厚意によって実現することができました。
ここに厚くお礼を申し上げます。